So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

イタリアで確信した「おんがく」の意味

624D373D-8B9A-4547-AE98-6A2465C072CF.jpeg



イタリアでの一場面。

 

ヨーロッパでは、出逢う人誰もが、ある種のトラウマを抱えているように見える。

 

それは人生の哀しみを語っている場合もあるが、大抵はLa vita e' bella 「人生は素晴らしい」という真実に気付くための、学びのプロセスに見える。

 

顔を見ていると、問題が私の前にさらけ出され、テーブルの上に並べられてしまう。

 

やがて今世における魂の課題のようなものが、誰にもあることに気づく。

 

それもまた、美しい、のである。

 

人の世とは不思議なもの。

 

出逢う人との縁には、その理由がある。

 

でもすぐに、その理由とやらが、分かるわけでもない。

 

私が何か出来るなら、手は貸したいと思うが、残念ながら自分でやらねば解決出来ない。

 

私に出来るのは鏡になること。

 

私たちの音には、多分そのチカラがある。

 

人の気付きのための「磨かれた鏡」にはなれるのだろう。

 

オーケストラとのリハーサルを重ねることで100人以上の研ぎ澄まされ、練られた上澄みのエネルギー。

 

オーケストラの皆が「いのち」の一部分を差し出してくれるからだ。

 

まるでホントの元気玉の世界。

 

忘れないで欲しい。ドラゴンボールは神話ではなく、現実に存在する。


これ、実は人智を超えた世界だ。

 

そして、あなたの欲しいもの。

 

それはこのエネルギーとの邂逅のなかにきっと見つかるはず。

 

昨夜の公演で確信した。

 

鏡に映る自分。

 

私もあなたも、オーケストラから差し出された音の渦、龍のエネルギーの前で

 

自分の偽らざる姿を、観ることになる。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント