So-net無料ブログ作成

【じぶんをまもる】

どうも。村中です。

 

今日は久々に青空が広がって

私の書斎からは富士山が聳え立って見える。

 

なんて素晴らしい景色なんだ。

日本ってこれだから、やめられない!

 

家内は関西の人間だから

富士山と東京タワーが大好きらしく

いつ見てもワクワクしている。

 

ひょっとすると、これは

外国人の日本びいきにも

すごく影響するんじゃないか、

なんて、ふと思うのだが、

あなたはどう思われるだろうか。

 

日本には素晴らしい観光資源、リソースがあるが

日本の資源で何といっても

一番優れているのは

日本人そのもの、つまり人材のことだ。

 

聞けば、日本の若者の多くは

あまり海外に出たがらない、という。

 

その理由を考えてみると

わからなくもない。

 

言葉は通じるし

快適そのものの環境と言えるのかもしれない。

食事も美味しいし、

気候も割合穏やかだと思う。

 

ではそんなハッピーな国なんだから

みんなが幸せか?というと

どうやらそうでもないらしい。

 

因みに私の友人たちは

総じてみんな満たされているように

SNSなどでは見られるが

 

そうやって「気張って」生きるのも

またこれ、日本人らしさの表れだろうか。

 

私の眼から見れば

日本はいつでも世界No.1の国。

本当に達人ばかりが

この狭い国にひしめき合っているように見える。

 

それがもたらす結果は

実は必ずしも「幸せ」ばかりではないのかもしれない。

 

できる人に囲まれる経験。

私もそういう人達に囲まれると

すぐに「落ちこぼれ」になってしまう。

 

私の経験から言うと

いつでもどこでも

私よりみんなの方が

できるように「見える」のだ。

 

それが私が経験してきた

日本という国の姿だ。

 

みんなが「私よりできる」ように見える。

 

外国へ行くと

何となく自分らしく居られるような気がする。

 

それは「できる人たち」に囲まれなくても

済むからなのかもしれない。

 

ひょっとして

これを読んでいるあなたは

私が「逃げている」と思うかもしれないが

まあ、そう思ってもらって差し支えない。

 

私は本当のことを語っているからだ。

 

日本だと、どう言う訳だか

「できる人達」が居て

彼らに囲まれていると

ちょっとばかり息苦しくなる。

 

その理由は簡単だ。

「彼らにできても、私には無理だな。」

「すごいなぁ。よくあんなことできるな。」

「この人すげえ。物凄いポテンシャルだ。」

「この人変だな。まるで宇宙人だ。」

 

こんな風に思って見ているのだが

何となく違いがハッキリしない。

 

そう言っている私も同じかもしれないが。

 

これが外国に行くとホッとするのは

そういう比較をしなくて済むから

心が穏やかなのだ。

 

じゃあ、どうやって日本で

心穏やかに過ごすか?

 

その方法は一つだけしかないと思う。

情報をシャットアウトすること。

自分や家族と向き合って暮らすこと。

 

自分が心穏やかでいられる環境を

自分自身に提供してやること。

 

これらが整ってくると

自然に心は安定して

周りに振り回されることなく

生きることになる。

 

次第に視点が変わり

それまで「比較」でしかなかった情報が

自分を高めるための

ひとつの指標に変わって来る。

 

これは一つの癒しのプロセスだと思う。

 

多くの日本人に伝えたい。

私のように、ヨワッチくて

日本から「逃げ出した」ように

見える奴でも

 

結構自分のプラットフォームを

守って見ることだけで

その視点や心の置き所が

変わって来る。

 

忙しいと、そういうことを

言っていられないという貴方にも

これはお勧めの裏技。

 

テレビとかインターネットの情報で

自分ががんじがらめになっているなら

一度それを遮断してみる。

 

SNSをやめてみる。

 

すると自分の視点がぐらついていないか

確認できるはず。

 

当たり前のことだけど

とっても重要なことだと思う。

 

素敵な一日を!

村中大祐

 

追伸:メルマガ登録はこちらからどうぞ↓

 

https://39auto.biz/daimuran/touroku/entryform13.htm

 

今なら3つのコンテンツを無料でプレゼントしています。

1.「世界で活躍する指揮者のリーダーシップ論」①

2.「クラシック音楽の処方箋」①②

3.「村中大祐ロンドン講演ビデオ」

 


DSC_0049.JPG


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント