So-net無料ブログ作成

言葉のすさまじい威力

私がイタリアで得たものがあるとすれば


それは彼らの中で極めて重要とされている


「言語化の能力」かもしれない。


 


他のヨーロッパ言語では、なかなかに難しい問題を、


イタリア語では、


いともカンタンに身体的に理解させてくれる。


 


その点、英語はかなりニュートラルな言語。


だからビジネス向きではあるものの、


こういった、イタリア語的な


身体に訴えてくるような


ヴィヴィッドな感覚はない。


 


面白いのは音楽を語るとき、 


この話が顕著に現れてくること。


 


ドイツ語でsehr gemessen


「測ったように」と言う


いかにもドイツらしいクソ真面目な言葉があるが、


実はこれも立派な音楽用語。


 


厳格な雰囲気があるので


オーケストラにコレを一言言うと、


一発で理解される。


つまり真面目そうに弾くことも


場合によっては重要な音楽の表現になるわけ。


 


 


例えばこれを英語でvery calculated と言えば


同じ意味でも、なんだか語感がドイツ語とは全然違う。


 


英語だとイメージが湧かないものが


ドイツ語だと重々しく感じてもらえる。


 


そんな話をメルマガに書いてます。


 


追伸 


今それこそドビュッシー三昧を


シチリアの海のそばでやってる。


今日からコーラスとソリストの音楽稽古。


 


昨日コーラスマスターに


「東京で何してんの?」と聞かれて、


「ああ、何もしないで寝てる」と言ったら


爆笑してた。(^^)


 catanialocandina.jpg


 



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント